ヘーベルハウスのネットの評判に答える

こんにちは、YOSUKEです。

人生の3大出費のひとつである、住宅の購入。
できれば失敗や後悔はしたくないですよね。

そのため、事前にあれこれインターネットで情報収集していくと思うのですが、実際にヘーベルハウスを建てたことのない人の意見だったり、見当違いのネガティブな情報が散見されます。

今回は2019年に実際にヘーベルハウスで家を建てた僕が、気になる疑問に答えていきたいと思います。

 この記事を書いている人

目次

ヘーベルハウスの疑問に答える

お金のこと

坪単価は実際にどのくらいだった?

我が家が最初に提示された見積もりでは、28坪で本体工事価格が2,150万円(税抜)でしたので、

坪単価は77万円でした。

その後、変更契約時にオプションで160万円増額していますので、本体工事費は2,310万円(税抜)となり、

最終的な坪単価は82万円でした。

ようすけ

太陽光パネル、設備オプション込みで「坪単価 約82万円」です。

高価な住宅ですが、ライバルの積水ハウスよりは安かったです。

全て含めた総額はいくらかかった?

【 契約時の見積もり 】

請負(うけおい)契約時点の総額は 28坪で2,880万円 の見積もりでした。

外交工事等を含めた総額ですと、坪単価100万円ほどになりますね。

まず、本体工事費2150万円(税抜)がベースになります

そこに加えて

  • 消費税 200万円
  • 設計費用 50万円
  • 登記費用 30万円
  • 給排水・ガス・電気の工事 85万円
  • 残土処分費 30万円
  • 外構工事費 150万円
  • 照明・カーテン費用 40万円
  • 解体工事費 80万円
  • 上水・ガス引き込み工事 50万円

など700万円ほどの費用(約30%)が掛かってきます

我が家は解体工事費・上水引き込み工事が掛かっているので注意してください。
(土地によって違います)

ようすけ

家づくりには、本体工事費の他にも本当にたくさんの費用が掛かってきます。
かならず総額で比較、検討をしてくださいね!


【 変更契約時の見積もり 】

我が家の総額 3,190万円

  • 本体工事費 2150万円→2310万円にアップ (オプション費用など)
  • 上水・ガスの引き込み工事 50万円→200万円
ようすけ

もともと50万円と聞いていた上水・ガスの引き込み工事が、200万円と大幅に増額したために、最終的な総費用も3190万円と高額になってしまいました…。

想定外の事例として参考にしていただければと思います。

ヘーベルハウスの自由度は?

ヘーベルハウスに限ったことではないのですが、工業化されている大手のハウスメーカーというのは自由度が低いです

外壁の素材はヘーベル板の一択ですし、内装に関しても基本はカタログから選んでいくような形です。
(選べる設備や建具も、よく選ばないとダサくなりがち)

設計事務所のオリジナリティあふれる住宅や、デザインに強い工務店のような提案は期待できません。

僕の場合は、営業さんやコーディネーターさんの方から規格外の提案をされることはなかったです。

受け身でいれば、「外壁は立派だけど、おしゃれさはイマイチ」な住宅が出来上がるでしょう。

とはいえ、施主が明確なイメージを持っていれば、オリジナリティやおしゃれさを出すことは可能です。

遠慮なく、担当さんやインテリアコーティネーターさんに要望を伝えましょう。

「オプション」や「造作家具」という形でカタログ外からの設備を採用することで、要望の多くは実現できます。

ようすけ

おしゃれな雰囲気にしたければ、施主の勉強が必須!

ヘーベルハウスが東北など寒冷地にないのは、ヘーベル板に侵入した水が凍って膨張して「爆裂」するからとインターネットで見かけた

ヘーベル板は【工場で1次防水】【現場で2次防水、3次防水】を行っているので、爆裂するかどうか以前に水の侵入が考えにくいです。

東北以北で営業していない理由としては

  • 土地が小さい都市部を中心に、販売を展開したいため
  • ヘーベルハウスの構造上、東北以北に耐えうる断熱性能を付加できない

といったことが、東北以北で営業していない理由ではないでしょうか。

北海道などでは全く話にならない断熱レベルだそうで、寒さと結露で大変なことになってしまうとか。

ヘーベルハウスはとにかく寒いというのは本当?

ヘーベルハウスは2017年から高断熱仕様に改善されていますので、中部地方などの温暖地であれば真冬でもそれなりに暖かいです。

我が家は、契約した2019年仕様で建てられており、2017年以前よりも断熱材の厚みが増した仕様となっています。

引き渡し時にもらった「BELLS 性能評価書」によれば

UA値 = 0.5

という断熱性能となっています。

我が家は温暖な東海地方(6地域)に建てており、国の「断熱性能等級4」(4が最高でUA値0.87以下)を余裕で満たしていることになります。

とはいえ、「UA値0.5」というのは、高断熱住宅の中ではまだまだ低いレベル。

0度を下回るような日だと、それなりに寒いですよ。

https://twitter.com/yosuke_hebel/status/1347319031225667584
建てた家のUA値は?

UA値 = 0.5  です

標準の窓はどんなもの?

アルゴンガス入りのLow-E アルミ樹脂複合サッシの窓が標準です。

一般の住宅ではLixilやYKKなどの製品が採用されていますが、ヘーベルハウスは「日本板硝子(NSG)」製の窓が採用されています

  • 中空層は16mm
  • アルミスペーサー
  • アルゴンガス封入

なので、熱貫流率は1.9〜2.3W/m2・Kあたりではないかと思います。
乾燥空気の代わりにアルゴンガスが入っている分、普通のLow-Eペアガラスよりは良い性能ではないでしょうか。

ちなみに、試しに真冬(0度)の日に窓ガラスを直接触ってみましたが、普通に冷たいです

熱が伝わりにくいのは確かですが、長時間冷気にさらされれば冷えます。

断熱性能を上げるオプションはある?

窓: low -E ペアガラス→トリプルガラス(3重窓)
壁の断熱材: ネオマフォーム 45mm → 60mm

にオプションで変更可能です。

費用がそれなりに掛かると思いますが、ZEH+(ゼッチプラス)、HEAT20のG2クラスの性能になるのではないでしょうか。

他にも床暖房の採用、第3種換気から熱交換型の換気へ変更することも可能ですが、いずれもオプションです。

ヘーベルハウスの将来のメンテナンス費用は?

30坪(約100㎡)で建築した場合の築30年後メンテナンス費用は400万円ほどだそうです。

ちなみに、一般的な住宅ですと、外壁の板どうしをつぎ合わせている目地材(コーキング材)が劣化するので、その目地材の交換費用、さらに外壁の塗り直しなど、15年を目安に100万円〜150万円の費用がかかってきます。

その他にも、ベランダの防水の劣化具合などによって、さらに追加で費用が掛かります。

その点、「防水初期保証30年」を謳っているヘーベルハウスなら、30年後の費用は400万円と高額ではありますが、計画を建てやすいのではないかと思います。

冷暖房費いくらかかってる?

我が家は冷暖房は100%エアコンを使用しています。

揺れやすいって本当?
こだわったところは?
火災保険はどこの会社と契約した?
家のことはどうやって勉強した?
ZEHの補助金はもらった?
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる