知っておきたいヘーベルハウスのデメリット7選

ようすけ

こんにちは、ようすけです。

このブログでは、ヘーベルハウスの実例、家づくりの考え方、失敗しないコツなどを解説しています。

マイホーム購入で失敗したくない!

数千万円もの買い物をしたのに、後悔だらけ。
そんなことになったら悔やんでも悔やみ切れないですよね。

なので、検討しているハウスメーカーのデメリットくらいは事前にしっかり把握しておきたいところ。

今回紹介するヘーベルハウスのデメリットは、僕自身が契約前に知っておきたかったことを忖度なしに書いています

ぜひ参考にしてください。

 記事を書いている人

目次

デザインや設備の自由度が低い

まずデメリットとして挙げられるのが、ヘーベルハウスは大手ハウスメーカーのため、「デザインや設備の自由度が低い」ことです。

どういうことかというと、ヘーベルに限らず大手のハウスメーカーは1社あたり「年間で1〜4万棟」もの大量の住宅を建てています。

すると、使用する部品をバラバラに製造するよりも、決まった規格で工場でたくさん製造したほうがずっと効率もよくなり、コストも下げられますよね。

しかし、使う部品を規格化すれば、当然ですが自由度は低下するというわけです。

自由度が低いと具体的にどうなるかというと

  • 天井などの高さが決まってくる
  • 設備や窓をカタログから選んで決める
  • どうしてもデザインが似てくる

建築家に建ててもらうような完全自由設計ではないので、住宅やインテリアへ特別なこだわりがある人は注意が必要です。

言い換えれば、決められたものから選択していけば良いだけなので、家づくりに時間をかけられない人にとってはメリットだとも言えますね。

ようすけ

とはいえ造作(ぞうさく)家具やオプション設備で、今どきのおしゃれな空間を作ることはできますよ。

外壁がヘーベル板しか選べない

そもそも、ヘーベルハウスの名前の由来が、「ヘーベル板」という軽量気泡コンクリートを外壁などに使用しているから。

この軽量気泡コンクリートは「ALC」とも呼ばれ、軽石のように気泡の入ったコンクリート素材だとイメージしてもらえばOKです。

耐火性、防火性、強度など、建築物にもとめられる数多くの性能を高いレベルで満たしています。

つまり
「ヘーベルハウスで建てる」=「外壁材がヘーベル板になる」ということ。

ガルバリウムやタイル、塗壁の見た目を希望している場合、残念ながらヘーベルハウスは候補から外れるということになりますね。

ヘーベルハウスは大手メーカーなので坪単価が高い

大手ハウスメーカーの中でもヘーベルハウスの価格は高く、28坪の我が家は総額3,000万円坪単価は100万円以上でした。
(オプション・諸経費など込み)

諸費用を含めた大手ハウスメーカーの坪単価の相場が80万円〜90万円あたりなので、ヘーベルハウスは三井ホームなどと並んで高級住宅メーカーだと言えそうです。

ヘーベルハウスは

  • 大地震に耐えられるだけの強靭な基礎
  • ビルで使われるような丈夫な鉄骨
  • 耐火性に優れたヘーベル板

などなど、過剰とも言える耐久性能を担保するために、どうしても高額にならざるを得ないのではないかと思います。

価格については以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてください。

大手の中では寒い断熱性能

断熱性能は大手ハウスメーカーとしてはやや寒い部類だと思います。

とはいえ、建売りやローコストメーカーで建てるよりはかなり暖かい。
一般的に断熱性能を表す際に使われる「UA値」でいうと0.5〜0.6くらいです。

ちなみに、Googleで「ヘーベルハウス」を検索すると、「寒い」との内容がチラホラと出てきます。

それもそのはず、2016年までは、本当に寒かった住宅メーカーです。

通常の2倍も高性能な「ネオマフォーム」という断熱材が使われているにもかかわらず、厚みがたった25mmと薄すぎた為、実際に建てた人から「寒い」と口コミが広がってしまったワケですね。

引用元:旭化成建材

しかしその後、2017年にヘーベルハウスの断熱への取り組みが大幅に変わりました。

薄かった断熱材の厚みを大幅に増すことにより、他の大手ハウスメーカーにも目劣りしないだけの性能へと改善されました。

  • 断熱材の厚さが25mm→45mm
  • 1階床の断熱材の厚さ 20mm→60mm
  • 標準でZEH性能(UA値0.6以下)

そんな我が家は2019年に建築しましたので、もちろん断熱性能が改善された仕様となっています。UA値は0.5

実際のところ、寒いのかというと…

ようすけ

2階のリビングはそこそこ暖かい
人がいない1階は寒い!

といった感じです。

実際のところ、新居に住んでみて人が寒さをどう感じるかって、今までに住んできた環境によることが大きいです。

僕は2015年築の「大東建託」の木造アパートからの引っ越しでした。

Low-Eガラスなどが採用されている比較的新しいアパートからの引っ越しだったのですが、ヘーベルハウスの方が暖かい印象。

これが高機密のマンションなどからの引っ越しであれば、逆に寒く感じていたかもしれません。

値引きがなかった

我が家では見積り金額からの値引きはありませんでした

ただし

  • 太陽光パネル5.5kwサービス(120万円相当)
  • リビングのフローリング素材をグレードアップ(30万円相当)
  • エアコン2台サービス(30万円相当)

などをサービスしてくれました。

ヘーベルハウスは値引きよりも、オプションのサービスで対応する傾向があるようです

ようすけ

ちなみに、ライバルメーカーの積○ハウスにヘーベルハウスの見積りを伝えた際には、「ヘーベルさん安いですね…」と言っておりました。
積水ハウスのイズ・ロイエよりは安いようです。

キャンペーンを提示して、短期間で契約を取ろうとする

ヘーベルハウスの営業の仕方で、かなり印象が悪かったことがあります。

キャンペーンをちらつかせて、1ヶ月程度の短期間で請負契約を結ばせようとすること

初めてヘーベルハウスの展示場へ行くと、担当についた営業さんに数時間にわたり色々とヘーベルハウスの良いところを説明してくれます。

そして、話をすすめて行くと「今だけこんなキャンペーンやってます」と紙を差し出されます

例:「ヘーベル ◯◯◯ ◯◯◯ 記念」

○月○日までに成約いただける方に特別仕様で提供させていただきます

さらに、「月末までに契約しないと、このキャンペーンはなくなるかもしれない」と言ってくるのです。

せっかく、自分のペースで色々な住宅メーカーを見てから検討したいと思ってるのに、これではじっくり決めることなんて出来ませんね。

ちょっと不信感が湧いてきます。

「知識がないうちに住宅展示場へ行くのはオススメしない」という理由のひとつ

ちなみに、僕の場合は月をまたいでもキャンペーンは適用されました。
(もちろん保証は出来ませんが)

そしてもちろん、ヘーベルハウスのキャンペーン商法をライバルメーカーはよく知っているので、

○水ハウスさん

えー!?
ヘーベルさんはそんな営業の仕方するんですね!

うちは決算だからって急かしたリはしませんよ
ゆっくり決めてくださいね。

という感じで、ネタとして使われていたりもします。
冷静になって、焦らずゆっくりとハウスメーカーを決めたいですね。

カタログから選べる設備の見た目がイマイチ

契約後に「エクステリア編」と「インテリア編」の2冊のカタログがもらえます。
(契約前にもらえた方は教えてください)

このカタログの中身がちょっと微妙なんです。

キッチン、洗面などは「LIXIL」「Panasonic」「TOTO」など提携の会社の設備から選ぶのでそんなに問題はないのですが…。

  • 玄関ドア
  • 玄関収納
  • ドアなどの「建具(たてぐ)

これらがビミョ〜にダサいのです。
どことなく昭和臭がするというか。

ヘーベルさん、ここは要改善だと思います。

ようすけ

特に、僕の場合は玄関収納においてスッキリした「取手レス」のタイプを選べないというのがショックでした

↓1種類だけ「取手レス」があったのですが、収納力が足りません。
(シューズクロークと組み合わせれば問題なし)

本当はこのタイプを選びたかったのですが、シューズクロークを作るスペースがなかったので、収納力優先の微妙なデザインの玄関収納しか選べませんでした

はっきり言って、我が家の後悔ポイント1位は玄関収納のデザインが微妙なところです。

2020年のカタログでは改善されていることを切に願います。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる