ヘーベルハウスの坪単価と価格について【実際の見積り写真を公開!】

ようすけ

こんにちは、ようすけです。

このブログでは、ヘーベルハウスの実際の住み心地や、家づくりのポイントなどを紹介しています。

大手ハウスメーカーの中でも高額だと言われるヘーベルハウスですが、実際にどれくらい費用が掛かるのか気になりますよね。

今回は、2019年にヘーベルハウスで建築した我が家の

  • 総費用
  • 坪単価
  • 実際の見積り

を紹介したいと思います。

見積りは写真付きで公開しています。
ぜひ最後までお読みください。

 この記事を書いている人

記事の内容

ヘーベルハウスのオプション込みの坪単価は 105万円

早速ですが、我が家の坪単価はこちら。

ヘーベルハウスのオプション・外構を含めた最終的な坪単価は105万円。

総額は、28坪で3,000万円

上記は諸費用・オプション・外構費用なども含めた総額です。

28坪という比較的にコンパクトな住宅でありながら、最終的な建築費は3,000万円を超えました。

評判通りの高級住宅だと言えます。

< 主な仕様 >

モデルキュービック
構造2階建 軽量鉄骨造
延べ床面積28坪 (92㎡)
外壁目地PJ目地
外壁色輝白(きはく)
断熱性能(UA値)等級4(UA値 0.5)

実際の請負契約時の見積もりを公開

▲ タップで拡大

これが実際の我が家の「請負契約時」の見積りです。
まだ、オプションを含まない金額です。

*写真では総額 2,935万円になっていますが、もともとあった駐車スペースの「解体費用」として80万円が加算されているためなので、実質は2,850万円。

見やすいように表にすると以下のようになります。

建築工事費  2,150万円
給排水・ガス工事85万円
外構工事150万円
設計費用50万円
上水引込み工事50万円
残土処分30万円
登記費用30万円
カーテン・照明40万円
土地分筆費用50万円
消費税(8%)200万円
総額¥ 2,850万円

これでも分かりにくいと思うので、

  • 建物本体の費用が税込で2,250万円
  • その他の費用が約600万円

このように、建物本体の価格のほかに20%〜30%ほどの費用が発生しますので、あらかじめ計算に入れておくべきです。

値引きはなかったが、180万円相当のオプションをサービスしてもらった

残念ながら、我が家では見積り金額からの値引きはありませんでした。

ただし

  • 太陽光パネル5.5kwサービス(120万円相当)
  • リビングのフローリング素材をグレードアップ(30万円相当)
  • エアコン2台サービス(30万円相当)

など、180万円相当のオプションをサービスとして頂いています。

実質的に値引きですね。

オプションの内訳は?

実際に使ったカタログ

無事に請負契約が結ばれると、設備のカタログを渡されるので、この中からキッチンやトイレなどの設備を選んで行くことになります。

グレードによっては追加でオプション費用が掛かってきます。

オプションで増えた費用としては

  • パナソニックのフロートキッチン 40万円
  • トイレの手洗いカウンター 8万円
  • JINBOのNKスイッチ 10万円
  • 外壁の塗装と目地をグレードアップ 18万円

などなど、総額は120万円ほど。

オプション費用としては50万円〜200万円ほどが目安になると思います。

そして、結論で話したように我が家の最終的な見積り金額は約3,000万円にアップしました。

実際にどのようなオプションを採用しているのかは、以下の「WEB内覧会」の記事を参考にしてください。

【おまけ】住宅の費用についての「落とし穴」3点

また、費用に関して落とし穴が3点あります。

  1. 地盤改良が必要になる
  2. 水道・ガスの引込み工事費用が想定外に掛かる
  3. 個人信用情報に傷がある

など、想定外に百万円単位の追加費用が発生したり、そもそも住宅ローンが利用できず家づくりを進められないという可能性もあります。

事前に調査を行わなかったために、のちのち大きなトラブルに発展する可能性があるので、契約前にしっかりと調査しましょう。

① 地盤改良が必要になる

家を建てるためには、一定以上の地耐力が必要になります。

地盤が軟弱な場合、建物の重さに耐えられず建物が沈下してしまう可能性がありますので、必ず事前に地盤調査を行います。

一般的には、契約前にハウスメーカー側が土地の一部で地盤調査を行い、地盤改良が必要かどうかを判断してもらうことになります。

地盤改良工事には50万円〜150万円程度の金額が掛かりますので、念のために予算を見込んでおいた方が良いです。

② 水道・ガスの引き込み工事に想定以上の費用が掛かる

契約時の「水道・ガス引込み工事費」の見積もりなどは、あくまでも概算の費用となっています。

もともと家が建っていた土地ではない場合、「水道・ガス管を道路の反対側などから引っ張ってくる」など、想定外に大掛かりな工事が必要になることがあります。

工事費も水道・ガスで100万円を超えてくることも十分にあり得ますので、出来れば契約前にしっかりと調査を行ってもらった方が、のちのちトラブルにならずに済みますよ。

ようすけ

めんどうでも、しっかりとこちらから営業さんにお願いした方が良いです。

③ 個人信用情報に傷がある

ある意味、真っ先に調査するべき事項。

クレジットカードや分割払いの支払いに延滞・未払いがある場合、信用情報に事故履歴が残ってしまい、住宅ローンの審査に通過できないなど非常に不都合な事態になります。

信用情報を管理している機関として、「CIC」などが有名です。

ネット上で即日開示できるので、家づくりを思い立ったらまずはこちらから調べてみましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる