【ヘーベルハウスのWEB内覧会】洗面所編|LIXIL洗面台|ヘーベルハウスの実例

こんにちは、YOSUKEです。

WEB内覧会第3回は、コンパクトサイズの洗面所を紹介。

洗面所が0.75坪バスルームが1坪と、おそらく注文住宅としては最小のサイズになっています。

とはいえ、実用上は十分な広さ
多少工夫したポイントもあるので紹介していきます。

 この記事を書いている人

記事の内容

洗面所全体

アパート時代と同じサイズ感の0.75坪
実寸で 1800mm × 1410mm

ようすけ

わかってたけど、やっぱり狭い!

洗面所としては最小のサイズだと思います。

そこで、少しでも広く見せるために、必要な設備を一つの壁に寄せて余白をつくるように意識しました。

少しはスッキリと見えるでしょうか。
ゴミ箱は洗濯機の奥に隠れています。

余計なものを置かなければ、0.75坪のスペースでも不自由なく生活できています。

洗面台は既製品の「LIXIL」を採用

カタログからLIXILの洗面台を採用しました。

洗面台の幅は900mm。
Panasonicのドラム式洗濯機を横に並べて配置しています。

洗面台の上部には、吊り戸棚を設置してもらいました。

上部の空間を利用することで、部屋の狭さをカバーしています。

LIXIL洗面台を選んだ理由

LIXILの洗面台に決めた理由としては、洗面ボウルが大きい小物収納に便利な「スマートポケット」の存在などがあります。

以下に詳しく紹介します。

LIXIL洗面台を選んだ理由(1)洗面ボウルが大きい

キッチンがPanasonic製なので、洗面台もPanasonicを選ぼうと思っていたのですが、実物を見比べてみたら明らかにLIXILの洗面ボウルの方が大きい。

寝グセ直しに朝シャンプーする人間にとって、洗面ボウルの大きさがすごく重要だったりします。

そのほかにも、洋服の手洗い、オキシ漬け、ペットのシャンプーなども大きい方が便利ですよね。

LIXIL洗面台を選んだ理由(2)スマートポケットが便利

LIXILの洗面台には、「スマートポケット」という細ごました物を収納するのに便利なポケットがついてます。

我が家の場合は、以下のようなものを収納。

  • ひげ剃り
  • コットン
  • 歯間ブラシ
  • ヘアゴム

これらは定位置を決めるのが難しいですよね。
実際に使ってみると本当に便利です。

LIXIL洗面台を選んだ理由(3)水栓が上に付いているので汚れが溜まらない

一般的な水栓と違い、LIXIL、TOTOなどは上から水が出ます。

画像を見てもらえば一目瞭然ですが、この形だと水が溜まらないため、水垢などの汚れが付きにくいです

また、本来水栓があるべきスペースが空くので、洗面ボールの奥行きも広くなります。

LIXIL洗面台の収納例

鏡の裏の収納例

正面の鏡収納には、日常的に良く使うものを収納。

写真には写っていませんが、上に棚がもう一段あります。
我が家は夫婦だけですが、家族4人でも十分な収納量ではないでしょうか。

右の扉にはヘアアイロンも収納されています。

洗面台の下の収納例

洗剤やシャンプーのストック、オキシクリーン、体重計などなど、色々放り込んであります。

ドライヤーは左の引き出しに収納。

上部の吊り戸棚の収納例

軽くてあまり使用しないものを収納しています。

ティッシュは良く使うものですが、場所を取るので例外的にこちらにしまっています。

裏技? Panasonic製の洗濯機上ラックを設置

  • タオル置き場に悩んでいたところ、このPanasonic製の洗濯機上ラックがスタイリッシュで一目ぼれ。

なんとかLIXILの洗面台に組み合わせ出来ないものかと、ダメもとで営業さんに確認してみたところ、なんとサイズが合うので設置可能とのことでした。ありがたい。

フェイスタオル、ビッグフェイスタオル(我が家ではバスタオル代わり)がキレイに収まりました。使い勝手最高。

さらに物干し用のバーまで付属しているので、濡れたタオルを乾かしておいたり、手洗いした洋服を干しておいたりと、至れり尽くせり。おすすめのオプションです

その他のWEB内覧会

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事の内容
閉じる