【ヘーベルハウスのWEB内覧会】玄関 & トイレ|ヘーベルハウスの実例

ようすけ

このブログでは、ヘーベルハウスの実例、家づくりの考え方、失敗しないコツなどを解説しています。

こんにちは、YOSUKEです。

わが家のWEB内覧会も、いよいよ終盤。

今回は、「玄関」&「トイレ」を紹介していきます

ほぼ満足している家づくりですが、玄関だけは少し後悔が残っています。
以下の記事でも触れていますので、あわせてどうぞ。

では、最後までご覧ください。

 この記事を書いている人

目次

まずは玄関スペースを紹介

玄関スペースはたったの3畳

我が家の玄関スペースは、たったの3畳程度。

30坪以下の限られた建築面積で、目一杯のリビングスペースを確保したために、玄関・廊下のスペースにシワ寄せが来ています。

なので、玄関で紹介できるものといえば、恥ずかしながら「土間タイル」と「下駄箱収納」くらい。

玄関を上から見るとこんな感じ

こちらは、階段の上から見たところです。

見てのとおりのコンパクトさ。

このスペースだと、大人が並んで靴を脱ぎ履きするのはむずかしい。

とはいえ不便を感じたことはないですが、家族が多いと困ることもあるかもしれません。

床材は「アドバンスフローリング(Hシリーズ)」のオーガニックオーク色。

ヘーベルのグレードいうと下から2番目の床材で、ワックス掛けがいらない丈夫なフローリングというのがウリになっています。

2階リビングの「厚単板フローリング」より質感は落ちますが、家中をこまめにメンテナンスできる自信がなかったので、1階のすべてをこの「アドバンスフローリング」で統一しました

ようすけ

結果的によい選択だったと思います。

2階リビングのワックス掛けだけでも、汗だくの重労働だったので。

土間タイル

グレーの300mm×300mmのタイル(LIXIL)を選択。

今どきの「モルタル塗り」で仕上げてほしかったのですが、ヘーベルでは推奨していないようです。

割れなどでクレームになりやすいのでしょうか。

下駄箱が後悔ポイント!

この下駄箱が後悔ポイント。

スペースが限られる我が家の場合、玄関収納の全てがここに依存しています。

そのため、少しでも空間を活用するために「天井までの収納」を採用しましたが、必ず「取手」が付いてくるのが仕様になっています。

↓ 本当はこんなスッキリした下駄箱を選びたかったのですが。ザンネン!

カタログから引用

玄関の装飾

シンプルに花器とドライフラワーを飾っています。

いずれ、小さなアートなど飾れたらよいなと思ってます。

玄関ドアは「LIXIL」 【オプションでスマートキーのタイプに】

5万円ほどオプション料金がかかりましたが、「スマートキー」タイプの玄関を採用しました。

6cm×3cm程度のスマートキーを身につけた状態で取手のボタンを押すことで、施錠・解錠が可能です。

室内側はこんな感じ。
シルバーのボタンを押すことで、同じく施錠・解錠が可能です。

「オプション料金5万円は少し高いかな」と感じましたが、実際に生活してみると想像以上に快適

車もスマートキーなので、日常で鍵を取り出す場面がなくなりましたね。

スマートキーの実物はかなり小さく、小銭入れにでも入ってしまいそうなほど

家の引き渡し時に、これを5個渡されます。
万一に紛失してしまった場合には、予備のキーを再登録することで過去に登録したキーが無効化されるので、悪用を防ぐことも可能です。

通路には、安全のために「常夜灯」があると便利

夜間の安全のために、「常夜灯」を設置することを強くオススメします。

こんな時に役にたちます。

  • 就寝中にトイレへ行きたくなった
  • 夜中にノドが渇いて、リビングへ水を飲みに行きたくなった
  • 就寝中に被災する

電気を点けてしまえばよいのですが、目がさめてしまって寝付けなくなってしまう可能性があります

また、電気をつけずに暗闇のなか手探りで移動してしまい、思わぬケガを招いてしまうことも考えられます。

あらかじめ常夜灯を設置してもらうのも手ですが、とりあえず目立たない位置に「コンセント」を設置して、後付けで常夜灯を設置するのもアリです。

Amazonや楽天で、コンセントに指すタイプの常夜灯がたくさん売られていますので、そちらを活用してもよいと思います。

続いてトイレを紹介

続いて、我が家のトイレを紹介。
ヘーベルハウスのカタログから選べるものを採用しています。

トイレでこだわった点は以下の通りです。

  1. コスパ良く、オシャレを目指す
  2. 壁紙の色を変えてアクセントに
  3. ペンダントライトを採用する

TOTO製の「ローシルエット タンク式」トイレはコスパ良し

パッと見ておしゃれな「ローシルエット」のトイレを選びました。

ようすけ

大きなタンクがあるトイレに比べて、とてもスッキリと見えますね

ヘーベルハウスのラインナップでは、「TOTO製」か「LIXIL製」から選択できますが、我が家はユニットバスと同様に「TOTO」製を選択。

グレードは3段階に分けられいています。

* 当時の情報です。現在は変更されているかもしれません
  1. ハイグレード
    → 「タンクレス」の高級トイレ +25万円
  2. ミドルグレード
    → タンク式「ローシルエット」  +4万円
  3. 標準仕様グレード
    → 一般的な手洗い付きのトイレ

当時は約4万円のオプション費用でローシルエットに変更できたので、迷わず変更。

「ウォシュレット」「便座ヒーター」などの基本機能はもちろん、「立ち上がると自動で洗浄」といった機能も付いています。

機能面で不自由したことはありません。

手洗いカウンターを設置

ローシルエットの便器を選んだことにより、手洗いの機能を別に設ける必要があったので、オプションとして手洗いカウンター(兼収納)を設置しました。

費用は約8万円。

収納を兼ねているとはいえ、さらに追加で8万円の追加費用というのは痛かったのですが、「来客にも使うトイレ」という大義名分で突っ走りました。

ようすけ

こんな感じで、家づくりはどんどんと費用が積み重なっていきます。

契約前に余裕をもって予算を見積もったほうがいいです。ホントに…。

とはいえ、今までのトイレタンクの水で手を洗っていた生活から比べると、当たり前ですが生活の質はアップ。

そもそもトイレタンクの水で洗うことが清潔だったのか?という疑問もありましたし。
いや、清潔ではないですよね。きっと。

カウンター下の収納スペース

ご覧のとおり、トイレの収納としては十分な空間があります。

トイレットペーパーも12ロールなら余裕で収納可能。

壁紙&照明

壁紙はネイビーをアクセントカラーに。
サンゲツのショールームで選んできました。

また、照明はダウンライトではなく、あえてペンダント(吊り下げ)ライトを選択。

1畳ほどのトイレ空間を照らすなら十分な光量が得られます。

ライトは「エトワール」という製品です。
しかし、今思えばトイレのサイズにはこちらのスモールが合っていたかも。

トイレのドアには「スコープ」を


「スコープ」から漏れる光で、トイレが使用中かどうかが判断できるというのはもちろんですが、来客者に「ここがトイレだ」と直感でわかるという点もメリットかなと思います。

たいした費用はかからないので、付けておくことをおすすめ。

その他のWEB内覧会

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる